ビル建て替え・リニューアル Re Building Project 問題点

Problems

ビルの価値を最大化できない原因は次の4つに集約されます。

1 コンセプトが明確になっていない

コンセプトが明確でなくては、類似物件との差別化はできません。またターゲットも明確になりません。結果的に集客力が弱く、入居率が低下します。

2 イメージが確立できていない

ビルのイメージはテナント・入居者の顔を決定づける重要な要素です。ビル自体が優れたイメージを提供することは長期的に安定した賃料設定のためにも重要な要素です。

3 フレキシビリティーに欠ける

自由な使い方が可能な空間を提供すること、さらに多様な用途への転用や設備更新に容易対応できることは、長期的な需要に対応し、メンテナンスコストを下げ、競争力を維持するために不可欠です。

4 ライフサイクルコストを最適化できていない

建築費を安くできたとしても、メンテナンス費、保険料、ランニング費用、改修費用、解体費用まで総合的に考慮すると高い費用となっていることがあります。

このような建築から廃棄までのトータルな費用はライフサイクルコスト(LCC=Life Cycle Cost)と呼ばれます。

ライフサイクルコストの低減を図るには、企画・計画段階から全費用を総合的に検討することが必要です。

「これらに対し、Re-Building Projectは最適なソリューションを提供します。」

Re-Building Project > Problems