ビル建て替え・リニューアルRe Building Project の特徴

Eyes

最初に考えなければならないことは、ビルの建て替え、リニューアルの「効果」と「課題」を整理することです。

|効果

1 資産価値向上

建物を建て替えやリニューアルで活性化することで、収益性を向上を図り資産価値の向上をもたらします。

2 節税効果

減価償却費による節税効果が見込まれます。

相続税対策としても金融資産より有利になります。

3 中長期の投資効率の向上

建大きな投資が必要となりますが、その後のメンテナンス費用、省エネ化、建物の長寿命化、収益性の向上等を中長期的なスパンで捉えれば、修繕を繰返すよりも収益性が大きく向上する可能性があります。

|課題

1 ファイナンス

開発資金の資金調達が重要です。プロジェクトのあらゆる局面でキャッシュフローをプラスで維持する資金計画が必要となります。

1 キャッシュフローの担保

開発時に設定した事業収支を客観的に評価しながら、計画を実現化していかなくてはなりません。

2 プロジェクトマネージメント

ビルオーナー様自らが、企画から、事業計画作り、設計事務所、建設会社、仲介会社などとの煩雑な折衝、調整業務が必要となります。また意思決定に必要な判断する上でのスキルとノウハウを身につけなくてはなりません。。

「Re-Building Projectは「効果」を最大化し、「課題」を全てサポートします。」

Re-Building Project > Eyes